福岡県小郡市の自立型個別指導専門の塾。小郡市唯一の通信制高校。西鉄小郡駅から徒歩10分。
文字の大きさ:

中学理科

中学生の理科は、語句を覚えるだけでなく、公式を利用し数式を組み立て計算して答えを出す問題も出題されます。
さらに、単に語句を覚えるだけではなく、語句の意味やそれから分かること、実験の手順や考察などを記述しなければなりません。

そうは言ってもまず語句を暗記していなければ何も始まりません。

少しでも語句の暗記とその理解の手助けになるように頑張ってみます。

 

残った銅の質量を求める。

酸化銅の合成の問題です。反応せずに残った銅の質量を求めます。 【問題】 銅と酸素が過不足なく反応するときの質量比は、銅:酸素=4:1である。銅5gを加熱したところ、加熱が不十分で加熱後の質量は5.7gであった。反応せずに …

酸・アルカリ

酸:電離(でんり)するとH+(水素イオン)を出す物質。 (例)塩化水素(塩酸) HCl → H+ + Cl- 塩酸  水素イオン 塩化物イオン アルカリ:電離するとOH–(水酸化物イオン)を出す物質。 (例) …

イオンと化学電池

乾電池は、化学電池です。 化学電池:化学エネルギーを電気エネルギーにかえる装置。 中学理科で学習する化学電池は、陰極では、電解質溶液に金属が溶け出し、電子を放出してイオンになることを利用しています。(陰極=−極、陽極=+ …

イオンと化学電池